一般企業で仕事がしたい。


私は船橋で調剤薬局に勤務しています。
この仕事に不満はありませんが、最近自分の将来について考えてしまいます。
これから6年生の薬学部の卒業生が出てくると、今のような薬剤師天国ではなくなるでしょう。
そのときのために一般の企業に正社員として勤務しておいたほうがいいのではないかと思いはじめました。
医薬品や健康食品、化粧品会社などが薬剤師求人の数が多いのだそうです。
競争が激しくなってからでは遅いかもしれません、早いうちに手を打っておいたほうがいいように思います。
それらの会社は、品質管理部門で薬剤師を募集しています。
幅広い人間関係はもちろん、専門のスキルも求められるものです。
意欲的な人に向いているといえるでしょう。
確かに6年生の薬剤師が主流になってきたら、今までなら就職できた先も今後面倒になる可能性は十分あります。
それならば、機先を制して今から正社員になっておくことも十分メリットがあります。
薬剤師求人サイトなどを利用して早めに準備しましょう。