調剤薬局間での競争がある中で必要とされる薬剤師。


今からさかのぼる事15年ほど前に厚生労働省の医療政策が大きく転換し、病院での薬の処方が院内処方から院外処方へと大きく切り替わりました。
結果的に院外処方に対応する調剤薬局が全国各地に出店します。
総合病院はもちろんの事個人病院の周辺に、処方箋調剤の窓口を見つけることができるでしょう。
当初は調剤薬局を新規に作ると確実に事業として成功するという状況でしたが、日本全国隅々まで調剤薬局が新規に出店した事により、最近はやや飽和状態へとなりつつあります。
それでも薬剤師は非常に不足しており、千葉の調剤薬局からは薬剤師求人案件が非常に多く出ている状況です。
千葉は人口が比較的密集している首都圏に近く、調剤薬局の店舗間で院外処方の患者さんを獲得する競争が激しくなってきています。
そういった競争が生じている状況下では、患者を呼べる薬剤師が必要とされているでしょう。
患者を呼べる薬剤師とは、院外処方の患者さんの必要にあわせられるスキルを持つ薬剤師さんのことです。