東京ではよりどりみどり


医薬分業が進む今の医療制度を見ていると、薬剤師の数が昔に比べて大幅に増えたのもわかります。
また、超高齢化社会を迎えるにあたり、十分高齢化社会である今の日本では、医療機関を受診し、薬を必要とする人が膨大な数に上っているでしょうから、薬剤師の数もそれに応じて増えてきたのは当然のことかもしれません。
そんな多くの薬剤師が必要とされる時代になった今、もっとも薬剤師求人の需要が多いのは、なんといっても東京ではないかと思います。
東京には最先端の医療技術が入り、どんどん進歩しています。
それに応じて医療機関の数も増え、個人開業医を含めると、薬剤師として医療機関で働くという選択肢も多いと思われます。
また、病院では薬を出さず、調剤薬局で出してもらう処方箋スタイルが定着してきた昨今、大きな病院のそばにはたくさんの調剤薬局があります。
大勢の患者の薬を調剤するには、たくさんの調剤薬局と薬剤師が必要です。
それを考えるだけでも東京での薬剤師需要が多いことが、簡単に推測できます。
また、ドラッグストアにも薬剤師が必要になりましたから、これだけでもかなりの薬剤師求人があるでしょう。
東京なら駅前はもちろん、商業施設などの中にもドラッグストアが出店していますから、規模の違いこそあれ、ここでも必ず求人がなされます。
病院に調剤薬局、ドラッグストアと、働き場所はこの3種に限定されてくる気がしますが、なんといっても数が多いことが東京での薬剤師求人を充実した内容にしていると思います。